JAXA

JAXA смотреть последние обновления за сегодня на .

「筑波で挑戦」JAXAシンポジウム2022「JAXAの挑戦 空で、宇宙で。」

2339
69
4
00:06:06
28.11.2022

2022年に開設50周年を迎えた筑波宇宙センターのご紹介。「あなたの挑戦は何ですか?」をテーマにした筑波宇宙センターで働く職員のインタビュー映像です。 *この映像は2022年11月26日(土)に開催したJAXAシンポジウム2022内で放映しています。

R&D on the Integrated Design Technology for Silent Supersonic Transport

5916
217
21
00:06:30
26.07.2022

The Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) has been working on the research and development for next-generation supersonic transport. In order to reduce noise called sonic boom, JAXA has developed the integrated design technology for silent supersonic transport. JAXA aims to prove this original technology in a flight demonstration test.(July 2022)

Expedition 65 JAXA Inflight Space Commercialization - April 19, 2021

6607
270
0
00:21:16
19.04.2021

SPACE STATION CREW MEMBER DISCUSSES SPACE COMMERCIALIZATION Aboard the International Space Station, Expedition 65 Flight Engineer Soichi Noguchi of the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) discussed the possibilities for future space commercialization as he responded to questions from representatives of Japanese commerce and industry during an in-flight event April 19. Noguchi is in the final days of a six-month mission on the complex, headed for a scheduled return to Earth April 28 on the SpaceX Crew Dragon vehicle “Resilience”.

Watch JAXA Rocket Launch to ISS from Japan - Livestream

17787
232
23
00:40:05
20.05.2020

Watch as the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) uncrewed HTV spacecraft lifts off from Japan for a mission to deliver cargo to the ISS. LIFT-OFF BEGINS AT 19:00

JAXAシンポジウム2022

47742
395
5
03:05:00
26.11.2022

JAXAでは、宇宙航空研究開発のより一層の発展を目指し、 毎年「JAXAシンポジウム」を開催しております。 ★視聴後にはぜひアンケートにご協力をお願いいたします。 🤍 ★シンポジウム内で紹介したご質問(選択肢)のうち、 その場で回答できなかったものはこちらからご覧いただけます。 🤍 ■プログラム■ ★ナビゲーター 磯貝 初奈 氏  フリーアナウンサー 15:30 オープニング 18:45 講演 「JAXA 2021-2022 活動の概要」  JAXA理事長 山川 宏 第1部 ≪宇宙での挑戦≫    34:55 講演  「はやぶさ2」 これまで、これから。 JAXA理事・宇宙科学研究所長 國中 均 宇宙科学研究所 教授 津田 雄一/主任研究開発員 三桝 裕也       53:30 質問コーナー  「これが聞きたい!」 1:00:40 講演 H3ロケット:試験機1号機打ち上げを目指して 宇宙輸送技術部門 H3プロジェクトチーム プロジェクトマネージャ 岡田 匡史 1:17:40 質問コーナー 「これが聞きたい!」 1:25:30 講演 星出宇宙飛行士 ISSミッション報告(収録映像) 1:36:30 筑波宇宙センター開設50周年記念 筑波宇宙センター紹介映像 「筑波で挑戦」 休憩(5分) 第2部 ≪空での挑戦≫ 1:50:30 トークセッション① 「ゴーゴー、ガタガタ、ピカッ、心臓ドキドキ。安全・・・でも怖いんですけど。」 航空技術部門 航空安全イノベーションハブ ハブ長 神田 淳/主任研究開発員 吉川 栄一 日本航空株式会社 オペレーション安全・品質推進部 調査役 767機長 西嶋 浩行 氏 2:15:20 飛行機クイズ 2:22:20 トークセッション②  「地上と空と宇宙を結ぶ 災害・危機管理対応システム『D-NET』」 航空技術部門 航空利用拡大イノベーションハブ ハブマネージャ 小林 啓二/主任研究開発員 アンドレエバ森 アドリアナ 愛媛県 前県民環境部 防災局 原子力安全対策課 主任 宮尾 武一郎 氏 2:51:20 閉会のご挨拶   JAXA副理事長 鈴木 和弘 過去のJAXAシンポジウムはこちらからご覧いただけます。 JAXAシンポジウム動画一覧: 🤍

JAXA H3 static fire test of the first stage

3512
169
11
00:02:24
07.11.2022

JAXA conducted a captive firing test (CFT) of the first stage of the H3 launch vehicle, two LE-9 liquid oxygen/liquid hydrogen rocket engines, at the Tanegashima Space Center, on 7 November 2022, at 07:30 UTC (16:30 local time). Credit: JAXA #H3

2022年度 第2回 宇宙探査オープンイノベーションフォーラム

11580
74
2
03:17:00
28.11.2022

宇宙探査イノベーションハブでは、第10回研究提案募集(RFP)の課題設定に向けた 情報提供(RFI)の募集を行っています。 🤍 それに伴い、2022年11月18日(金)に本年度第2回目の宇宙探査オープンイノベーションフォーラムを開催しました。 JAXAが皆様と特に一緒に研究開発したい技術がどんなものか、こちらのイベントで説明しています。 特設サイト:🤍 なお第10回目の情報提供受付は2023年1月26日(木)締め切りです。 時間指定リンク: 開会挨拶・探査ハブ研究への招待 船木 一幸(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ ハブ長) 0:00:30 基調講演 JAXAの目指す姿~地球低軌道から月・火星探査へ~ 佐々木 宏(JAXA 理事) 0:18:16 成果報告事例 次世代アクチュエータ用超小型高精度絶対角度センサ変調波レゾルバの開発 嶋原 士郎(エクストコム株式会社 技術顧問) 0:42:53 バイオベースCFRPと真空対応型ケミカルリサイクルシステムの開発 宮藤 久士(京都府立大学 生命環境科学研究科 環境科学専攻教授) 1:05:47 宇宙トイレのための蠕動ポンプを用いた革新的混合搬送・処理システムの開発 中村 太郎(中央大学理工学部 教授/株式会社ソラリス 取締役会長) 1:22:18 宇宙探査イノベーションハブ参加のご案内~第10回研究提案募集(RFP)に向けて~ 共同研究制度について 大塚 成志(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 参事) 1:39:37 募集課題全般の説明 宇宙探査イノベーションハブのポートフォリオについて 岩崎 亜矢子(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ) 1:51:15 募集テーマについて① 月面3科学の実現に向けて 稲富 裕光(JAXA 宇宙科学研究所 学際科学研究系 教授) 2:07:00 募集テーマについて② 月探査のためのAI(機械学習) 山崎 雅起(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ) 2:19:25 トークセッション モデレータ:岩崎 亜矢子(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ) パネリスト: 浅尾 俊樹(島根大学 生物資源科学部 教授) 奥田 良(株式会社ニデック コート事業部 コート研究開発部 開発一課) 伊藤 彰(パナソニックインダストリー株式会社 主任技師) 2:37:16 書籍『宇宙大航海時代』の紹介 3:10:18 閉会の挨拶 川崎 治(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 研究領域主幹) 3:12:00

【高市科技相】JAXA“データ改ざん”報告「非常に遅い」

2200
28
22
00:00:59
29.11.2022

高市科学技術担当相は、JAXA(=宇宙航空研究開発機構)が行った研究でデータの改ざんなどが発覚したことについて、JAXAによる文部科学省への報告が「非常に遅い」と述べ、改善を求めました。 JAXAは先週、2016年に開始した宇宙飛行士のストレス評価を目的とした研究で、データの多くが書き換えられるなど、不適切な行為が認められたことを公表しました。 文部科学省によりますと、JAXAは、2017年には問題に気がついていたものの、2021年まで文部科学省に報告していなかったということです。 高市科学技術担当相「JAXAの対応は非常に遅いと思います。税金を投入してやっているような研究であれば、所管省庁にも報告を行い、そのあと本格的な調査を行うということが望ましいのではなかったか」 高市科学技術担当相は、「問題が発覚したらできるだけ速やかに公表すべき」と述べ、JAXAに対し、再発防止と対応の改善を求めました。 (2022年11月29日放送) #JAXA #宇宙飛行士 #高市科学技術担当相 #日テレ #ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

【ライブ】JAXA会見 古川聡宇宙飛行士らのグループの医学研究に不適切行為(2022年11月25日)| TBS NEWS DIG

8988
62
17
01:28:55
25.11.2022

JAXA・宇宙航空研究開発機構は古川聡宇宙飛行士らのグループが行った医学研究に不適切な行為があったと発表しました。今後、処分を行う方針です。 問題の研究は、医師でもある古川宇宙飛行士が責任者を務めた研究チームが2016年から17年にかけ、茨城県つくば市のJAXAの施設で実施したものです。ISS=国際宇宙ステーションを模した閉鎖環境で被験者に14日間過ごしてもらい、血液や心理状態などのデータをとりましたが、その後のJAXAの調査で、存在しないデータやデータの書き換えが判明したということです。 JAXAは医学系指針への不適合の程度が重大であったと判断し、きょう午前文部科学大臣らに報告しました。今後、古川宇宙飛行士ら関係者の 適切な処分を行うとしています。 古川宇宙飛行士は、2023年ごろにISSに2回目の長期滞在をすることが決まっていました。 #JAXA #古川聡宇宙飛行士 ▼TBS NEWS DIG 公式サイト  🤍 ▼チャンネル登録をお願いします! 🤍 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 🤍 ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 🤍

【JAXAが会見】宇宙医学研究で不適切事案 古川宇宙飛行士が責任者

5446
23
20
00:16:43
25.11.2022

宇宙飛行士で医師の古川聡氏が統括責任者をつとめた宇宙医学研究で不適切な事案があったことが分かり、25日午後、JAXA=宇宙航空研究開発機構が記者会見を行いました。 (2022年11月25日放送) #宇宙飛行士 #宇宙医学研究 #JAXA #日テレ #ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

【JAXA発表】古川宇宙飛行士らの医学研究でデータ改ざん

35882
98
117
00:01:04
25.11.2022

JAXA(=宇宙航空研究開発機構)は、医師で現役の宇宙飛行士である古川聡さんらのグループが行った医学研究で、データの改ざんなどがあったと発表しました。 JAXA・佐々木宏理事「国民の皆さまの負託に応えることができず、ここでおわびをいたしたいと思います。すみませんでした」 この研究は、将来の月や惑星探査などを見据え、地上と通信ができない状態でのストレス値の評価を目的として2016年に開始されたもので、古川聡宇宙飛行士らが責任者を務めていました。 研究は宇宙環境に見立てた閉鎖された空間で行われ、JAXAによりますと、研究の中でデータの多くが書き換えられていたり、存在しないデータが作成されたりするなど、不適切な行為が認められたということです。 JAXAは再発防止に努めるとしていて、古川飛行士の処分については、管理監督責任があることから適切に対応していくとしています。 また、来年に予定されている宇宙飛行の変更は考えていないということです。 (2022年11月25日放送) #JAXA #宇宙飛行士 #古川飛行士 #日テレ #ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

Small Satellites Deployment J-SSOD#23 from "Kibo" (BIRDS-5, and SpaceTuna1)「きぼう」から超小型衛星の放出

2043
77
2
00:57:51
02.12.2022

The satellites from Kyutech BIRDS-5 project, including first Uganda’s satellite PearlAfricaSat-1, and first Zimbabwe’s satellite ZIMSAT-1, Japanese satellite TAKA; and Kindai University’s first satellite, SpaceTuna1, will be deployed from the Japanese Experiment Module "Kibo." Watch this historical moment with us! ≪Schedule≫ Introduction of J-SSOD and History of Small Satellites Introduction of each satellite, BIRDS-5 and SpaceTuna1 Go/No Go call Deployment Congratulatory Messages Certificate of Deployment Replay 「きぼう」日本実験棟から九州工業大学のBIRDS-5プロジェクト(ウガンダ初の超小型衛星 PearlAfricaSat-1, ジンバブエ初の超小型衛星ZIMSAT-1と九工大のTAKA)および事業者衛星(三井物産エアロスペース(株))のSpaceTuna1(近畿大学)を放出します。 ≪スケジュール≫ 映像:J-SSOD機構とHistory of Small Satellites 各衛星について紹介映像 Go/No Go call 衛星放出 お祝いビデオメッセージ 放出証明書についてビデオメッセージ 放出リプレイ

Toyota MOON ROVER – Toyota Jaxa PRESSURIZED ROVER / Toyota Self Driving MOON & SPACE Exploration Car

8121
203
12
00:04:36
15.03.2019

2030 Toyota Jaxa PRESSURIZED ROVER – Toyota MOON ROVER / Toyota Self Driving MOON & SPACE Exploration Car This is the moon rover Toyota plans to launch into space — take a look Toyota may already be one of the world’s biggest manufacturers of Earth-bound vehicles, but the Japanese automaker is looking to expand its horizons. The auto company has plans to work with Japan’s space agency to develop a manned lunar rover that will run on fuel cell technology and provide transport for people and cargo on the moon, Toyota Motor and the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) announced this week. The planned rover would be nearly 20 feet long, 17 feet wide and about 12 feet tall, and its 459 cubic feet of living space would provide enough room for two passengers (four people would fit “in an emergency,” Toyota says). It would also have a deployable solar panel to provide an additional energy source. It would run on a fuel cell battery system that could draw on existing technology already used in Toyota vehicles like the Toyota Mirai. “Fuel cells, which use clean power-generation methods, emit only water, and ... can provide a lot of energy,” Toyota Executive Vice President Shigeki Terashi said in a statement. The rover would have a “lunar-surface cruising range” of more than 6,200 miles, Toyota says. While Japan has never launched a manned space flight itself, JAXA said the Toyota lunar rover could be a big part of a future manned launch. “We aim to launch such a rover into space in 2029,” JAXA Vice President Koichi Wakata said. Toyota Jaxa PRESSURIZED ROVER Length: 6.0 m; Width: 5.2 m; Height: 3.8 m (about the size of two microbuses) Living space: 13m Accommodation: Capable of accommodating two people (four people in an emergency) SUBSCRIBE: 🤍 New Car Videos: 🤍 YouTube: 🤍 Facebook: 🤍 Twitter: 🤍 Instagram: 🤍 Google+: 🤍 Website: 🤍 Submit Your Video: as.official2015🤍gmail.com

【JAXA発表】「OMOTENASHI」月面着陸を断念 地上との通信回復せず

6903
40
61
00:00:47
22.11.2022

JAXA=宇宙航空研究開発機構が22日未明、日本初の月面着陸を目指していた超小型無人探査機「OMOTENASHI」について、着陸を断念したと発表しました。 超小型無人探査機「OMOTENASHI」は日本初の月面着陸を目指し、アメリカが進めている国際的な月面探査を目指す「アルテミス計画」の一環として、16日にアメリカの大型ロケットで打ち上げられていました。 打ち上げ後、ロケットから分離したのちに地上との通信が途絶えていて、JAXAは予定していた着陸時刻を過ぎても通信が回復せず、月への着陸に必要な態勢を取れないことなどから着陸を断念しました。 JAXAは探査機に取り付けられた太陽電池が太陽と反対の方向を向き、十分に充電できなかったことが原因としています。 (2022年11月22日放送) #JAXA #宇宙 #月面着陸  #日テレ #ニュース  ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

古川聡宇宙飛行士が責任者の実験で不正 JAXA「研究全体の科学的価値が損なわれた」(2022年11月25日)

16076
63
63
00:00:58
25.11.2022

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の古川聡(ふるかわ・さとし)宇宙飛行士(58)が責任者を務めた研究で、データに改ざんや捏造(ねつぞう)などがあったことが分かりました。  JAXAなどによりますと、古川宇宙飛行士らは2016年から、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士らのストレスを評価する方法を開発するため、筑波宇宙センターにある閉鎖環境施設で一般の成人男性ら42人に生活してもらう実験を実施しました。  実験は2019年に中止されましたが、その後の調査で、データに改ざんや捏造など不適切な取り扱いが発覚したということです。  JAXAは25日、「研究全体の科学的価値が損なわれた」と謝罪するとともに、医学研究に関する倫理指針に抵触したとして文科省と厚労省に報告しました。 [テレ朝news] 🤍

生き物の力で飛行機が変わる?JAXAが開発中の最新機で参考にした、海の中を優雅に泳ぐあの巨大魚とは!?

11200
154
11
00:05:12
31.10.2022

現在JAXAでは、従来の飛行機の形とは大きく異なる最新の飛行機開発を行っています。その開発で取り入れられたのが、生物の特徴を新技術の開発に活用する「バイオミメティクス」。なんと目を付けたのは、あの意外な生き物!? 今までの常識を覆す飛行機開発の最前線に迫ります! (かんさい情報ネットten. 2022年10月27日放送) ▼読売テレビ報道局のSNS TikTok 🤍 Twitter 🤍 ▼読売テレビニュース 🤍 ▼情報ライブ ミヤネ屋 🤍 ▼かんさい情報ネットten. Facebook 🤍 Instagram 🤍 Twitter 🤍 webサイト 🤍 ▼情報提供はこちら「投稿ボックス」 🤍 #読売テレビ #ten #読売テレビニュース #かんさい情報ネットten #バイオミメティクス #JAXA #飛行機

古川飛行士の実験で不正 JAXA「管理責任ある」【WBS】(2022年11月25日)

17113
78
39
00:00:34
25.11.2022

JAXA=宇宙航空研究開発機構は、宇宙飛行士の古川聡さんが責任者を務めた実験で不正があったと発表しました。宇宙基地を想定した環境での、人間のストレスのデータが改ざんされたということで、古川さんは不正に関与していませんが、「管理責任がある」として処分を検討しています。古川さんは来年にも宇宙に滞在する計画ですが、JAXAは「変更の予定はない」としています。 #JAXA #宇宙航空研究開発機構 #宇宙飛行士 #古川聡 WBS、モーサテ、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題 「番組未公開」コンテンツも盛りだくさん。 日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。 ▼▼「テレ東BIZ」はこちら(入会月無料)▼▼ 🤍

The Martian Moons eXploration (MMX): Exploring the Mars system with Super Hi-Vision (8K) Cameras

48360
196
13
00:02:11
10.09.2020

JAXA is currently developing the MMX spacecraft to be launched in JFY 2024, with the aim of clarifying the origin of the Martian moons and the evolutionary process of the Martian system. MMX is an internationally high-profile sample-return mission that aims to conduct scientific observations of the Martian moons, Phobos and Deimos, and of Mars, as well as land on Phobos to collect "sand" from its surface to return to Earth. JAXA and NHK have decided to jointly develop a "Super Hi-Vision Camera" that is capable of filming 4K and 8K images in space for JAXA's Martian Moons eXploration (MMX) mission. This would be the first time in history that 8K ultra high definition images of Mars and its moons are taken in proximity. By combining the actual flight data of the MMX spacecraft and the images taken by the Super Hi-Vision Camera, the exploration of the MMX spacecraft around Mars and its moons (the Martian system), 300 million kilometers from the Earth, will be recreated. 【Reference】 Martian Moons eXploration (MMX) official website 🤍 Martian Moons eXploration (MMX) official blog 🤍 Martian Moons eXploration (MMX) official Twitter account 🤍

JAXAで働く人ってどんな人?JAXA職員に聞いてみた!part3【第一宇宙技術部門】

34866
524
41
00:10:54
15.01.2021

人工衛星の開発を担当する第一宇宙技術部門からは"聞いてみた”動画をお届けします。 JAXAってどんな人が働いてるんだろう?という疑問にふんわりお応えする動画です。 仕事のことだけでなく、趣味や子供の頃の夢など普段なかなか聞くことのない質問をしてみました! ぜひJAXA職員に、そして人工衛星の開発に親近感を持っていただけると幸いです。 part3は地球観測研究センターの若手職員です。・・宇宙よりも雲が好き!? \JAXAで一緒に働きませんか?!/ 【新卒採用エントリー受付中!】 22卒/第二新卒/既卒7年以内の電気系の方を対象に、2022年4月入社のエントリーを受け付けております。 JAXAでは宇宙航空を専攻した人だけでなく、文理問わず様々な人が働いています。 一緒に宇宙航空の未来を支えてくれる方からの応募をお待ちしてます! ★エントリーはこちら ※事務系を含む全ての分野を対象とした募集は、2021年3月1日より開始します。 🤍 #22卒 #第二新卒 #既卒 #就活

【JAXA謝罪】古川宇宙飛行士が責任者の研究チームで“ねつ造”と“改ざん” 宇宙環境に見立てた閉鎖空間で…

7552
28
20
00:02:31
26.11.2022

JAXA(=宇宙航空研究開発機構)は25日、宇宙飛行士の古川聡さんが実施責任者を務める研究チームでデータに複数の“ねつ造”や“改ざん”があったと発表し、謝罪しました。問題となったのは、宇宙環境に見立てた閉鎖空間に滞在したときの心理状態を評価する「ストレスの蓄積」に関する研究でした。    ◇ JAXAは25日、研究データの"ねつ造"や"改ざん"があったとして、緊急会見で謝罪しました。 JAXA 佐々木宏理事 「ねつ造というべき行為でないかと、改ざんというべき行為ではないかという風に我々は判断しました」 その研究の実施責任者を務めていたのが、2011年に宇宙へ行った古川聡飛行士です。 宇宙飛行士 古川聡氏(2020年) 「新しいことをたくさん学んで、自分としては心は30代のつもりでいきたいと、挑戦していきたいと思っています」    ◇ 問題となったのは、古川飛行士らのチームが行う「ストレスの蓄積」に関する研究です。 健康な成人8人が13泊14日の間、宇宙環境に見立てた閉鎖空間に滞在したときの心理状態を評価するというものですが、研究の過程で問題点として挙げられたのは、“ねつ造”と“改ざん”の2つでした。 【問題点その1:“ねつ造”】 精神や心理状態を診断する面談の際、実際には研究者2人で面談をしていたにもかかわらず、3人で行っていたかのようにデータが“ねつ造”されていたといいます。 【問題点その2:“改ざん”】 診断結果についても、書き換えられた箇所が15件確認されたというのです。    ◇ 25日の会見で、JAXAが質疑に応じました。 ――書き換えが外から見てわかるのは、不審な記載があった? JAXA 佐々木宏理事 「鉛筆書きで直してあった。それがかなり多かったので、おかしいんじゃないかと」 なぜデータが改ざんされたのか。チームメンバーは「業務が多忙だったため」と話しているといいます。 古川飛行士は来年、国際宇宙ステーションでの2回目の長期滞在を予定しています。今回の騒動について、データのねつ造などには直接関与していなかったといいますが―― ――古川さんは来年、宇宙飛行を予定されていると思うが(変更は)? JAXA 佐々木宏理事 「今回の研究実施責任者の資質と宇宙飛行士の資質は異なるものと思っていますので、今のところは考えていません」 来年の宇宙滞在予定に変更はないとしていますが、JAXAは「処分については適切に対応していく」としています。古川飛行士は「指導が足りなかった」と反省しているということです。 (2022年11月25日放送「news zero」より) #宇宙飛行士 #古川聡 #jaxa #日テレ #newszero #ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

「宇宙飛行士に、OB/OG訪問だ。」JAXA宇宙飛行士候補者募集スペシャルムービー【総集編】

12252
251
24
00:03:27
01.12.2021

宇宙飛行士をめざす方の先輩である宇宙飛行士たちに、 OB/OG訪問という形でインタビューをしました。 仕事や生活のこと。職場環境のこと。将来の夢のこと。 さまざまな切り口で、答えていただいています。 宇宙飛行士に挑戦する全ての人たちへ。 いよいよ、13年ぶりの日本の宇宙飛行士の募集が始まります。 職場は、地球と宇宙。 国際宇宙ステーションへの単身赴任や、月面基地への長期出張もあるかもしれません。 さぁ、宇宙を舞台に、あなたの人生を拓いてみませんか。 一緒に、人類の未来を拓く仕事をしませんか。 ★宇宙飛行士候補者 募集選抜特設サイト 🤍 インタビューの内容については上記サイトのFAQページで今後公開します。 #宇宙飛行士に転職だ #JAXA

イプシロン6号機打ち上げ失敗 JAXA会見「機体姿勢が目標からずれた」(2022年10月12日)

33609
122
96
00:01:00
12.10.2022

 小型ロケット「イプシロン」6号機の打ち上げが失敗した理由について、JAXAは「機体の姿勢が目標からずれたため」と明らかにしました。  イプシロンロケット6号機は12日午前9時50分に打ち上げられた後、およそ7分後に安全な飛行ができないと判断され地上から破壊を指令する信号が送られました。  JAXAは会見を開き、ロケットの姿勢が目標からずれて地球を周回する軌道に衛星を投入できないと判断し地上に落下する恐れがあったためと説明しました。  原因については、調査中としていますが、ロケットの2段目の燃料を燃焼した後に、2段目と3段目を分離する段階で機体の姿勢の異常を検知したということです。  ロケットはフィリピン東方の海上に落下したとみられていて、これまでに被害は確認されていません。  日本でのロケットの打ち上げ失敗は2003年11月以来で、イプシロンロケットでは初めてです。 [テレ朝news] 🤍

JAXA国際宇宙探査イベント:「JAXAとみる、国際宇宙探査の夜明け」(2022/8/29配信)

29758
544
4
01:28:21
29.08.2022

*このライブ配信は2022年8月29日に実施したものです 2022年、いよいよ日本も参画する国際宇宙探査計画「アルテミス計画」の最初のミッション「アルテミスⅠ」が、日本の超小型衛星2機(OMOTENASHI、EQUULEUS)を載せて打ち上がり、月に再び人類を送る挑戦が始まります。 「国際宇宙探査の夜明け」とも呼べるこの機会に際し、今後のJAXAの月・火星探査を担う職員とアルテミスⅠの打上げを見守るYoutube配信をお届けします! 「アルテミスⅠ」をはじめとする「アルテミス計画」の全貌と、JAXAの今後の月・火星探査ミッションについて、JAXAの有識者と各プロジェクトマネージャによる解説を交え、ざっくばらんにトークします。 ↓アンケート入力フォームはこちらです↓ 🤍 ※メールアドレスの誤入力にお気を付けください!

イプシロンロケット6号機打ち上げ失敗 JAXAが会見(2022年10月12日)

31568
187
80
00:47:40
12.10.2022

映像提供:JAXA(宇宙航空研究開発機構) JAXAは12日9時50分43秒に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げた「イプシロンロケット」6号機の打ち上げに失敗したと発表した。山川宏理事長らが午後1時半から記者会見を開き、詳細を説明する見通し。 同機には「革新的衛星技術実証3号機」、人工衛星「QPS-SAR-3」「QPS-SAR-4」が搭載されていた。 ※中継内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。 ■チャンネル登録:🤍 ■THE PAGEの記事一覧:🤍 ■Yahoo!ニュース オリジナル:🤍 #thepage_jp #記者会見 #JAXA

【夢中!】小学2年生で天文宇宙検定3級 JAXAが“称賛”した宇宙少年とは『news every.』16時特集

179773
3247
333
00:08:28
03.07.2022

去年、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が宇宙飛行士を一般から募集。 13年ぶりの一般募集に多くの人がエントリーする中、注目されたのが小学2年生のハルキくん。応募資格は満たしていないものの、その熱意が伝わり、JAXAから将来の再挑戦を期待するメッセージが届いたという。 JAXAが“称賛”した、異例の小学2年生、大森陽生(ハルキ)くんの素顔とは?福井県鯖江市で暮らすハルキくんのご自宅を、横山だいすけが訪問。 JAXAから送られてきたという手紙には、「宇宙飛行士や天文学者になりたいということで、日頃からニュースや本などで好奇心を深めていらっしゃいようですね。これから先、またいつかハルキくんが私たちにこれまで頑張ってきたことをおしえてくれることを楽しみにしていますね」という、激励のメッセージが。   ハルキくん同様、宇宙飛行士試験にエントリーしていた、辻岡義堂アナウンサーにハルキくんのことを聞くと、「(試験に)挑戦した人は全員ハルキくんを知っていると思います」というほど。 3歳のときに福井にある宇宙博物館を訪れたことがきっかけで、天体や星座に夢中になったハルキくん。6歳のときには、中学生レベルの天文宇宙検定3級に、全国最年少で合格。 膨大な知識と好奇心で、気になったことはとことん調べるハルキくん。その好奇心はどうやって育まれたのか? お父さんに、子育てで心掛けていることを聞くと、「息子が熱中していることに対して、新鮮な気持ちでワクワクを一緒に体験する」ことだという。 勉強をゲーム感覚で楽しんれいるという、意外な“子育て術”とは? (2022年7月1日放送「news every.」より) #宇宙 #子ども #小学生 #教育 #JAXA #子育て #学び #家庭 #親子 #宇宙飛行士 #天文宇宙検定 #最年少 #newsevery #日テレ #特集 ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

航空教室 by JAXA(次世代の超音速旅客機 本編)

121324
839
52
00:12:21
17.12.2021

◆「次世代の超音速旅客機 Q&A編」 🤍 ◆「実験用航空機編」 🤍 ◆「年表で見る!調布展示室 前編」 🤍 ◆「年表で見る!調布展示室 後編」 🤍 ◆JAXA調布航空宇宙センター 見学案内 🤍 ◆ソニックブームを低減する機体設計技術の開発 🤍 ◆静粛超音速機統合設計技術の研究開発 🤍

JAXA Kounotori 7 launch

12509
205
10
00:03:30
22.09.2018

JAXA’s H-IIB Launch Vehicle No. 7 (H-IIB F7) launched the H-II Transfer Vehicle “KOUNOTORI7” (HTV-7) from the Yoshinobu Launch Complex, at JAXA’s Tanegashima Space Center, Japan, on 22 September 2018, at 17:52 UTC (23 September 2018, at 02:52:27 Japan Standard Time - JST). The unpiloted cargo spacecraft Kounotori 7 is loaded with more than five tons of supplies, water, spare parts and experiments. HTV-7 will arrive at the International Space Station on 27 September 2018. Credit: JAXA/NASA #H2BF7 #HTV7

【ライブ】JAXA イプシロンロケット6号機/革新的衛星技術実証3号機、QPS-SAR-3、QPS-SAR-4打ち上げ 鹿児島・肝付町内之浦(2022年10月12日) | TBS NEWS DIG

102491
158
21
00:03:10
12.10.2022

鹿児島・肝付町の内之浦宇宙空間観測所で行われる「イプシロンロケット6号機による革新的衛星技術実証3号機打上げ」の様子をライブ配信します。 JAXAによると、打上げ時間時刻は10月12日9時50分頃を予定しています。 #live #jaxa #ロケット ▼TBS NEWS DIG 公式サイト 🤍 ▼チャンネル登録をお願いします! 🤍 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 🤍 ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 🤍

古川宇宙飛行士らの医学研究「不適切な行為」 存在しないデータを作成か JAXA|TBS NEWS DIG

31529
66
75
00:01:32
25.11.2022

JAXA・宇宙航空研究開発機構は古川聡宇宙飛行士らのグループが行った医学研究に不適切な行為があったと発表しました。 問題の研究は、医師でもある古川宇宙飛行士が責任者を務めた研究チームが、2016年から17年にかけ茨城県つくば市のJAXAの施設で実施したものです。 ISS=国際宇宙ステーションを模した閉鎖環境で被験者に14日間過ごしてもらい、血液や心理状態などのデータをとりましたが、その後のJAXAの調査でデータのねつ造や改ざんが判明したということです。 JAXA 佐々木 宏 理事 「研究対象者の皆様の善意に対して裏切るような結果となりました」 研究は途中で中止され学術論文としては発表されていませんが、JAXAは医学系指針への不適合が重大であったと判断し、きょう午前、文部科学大臣らに報告しました。 古川宇宙飛行士についてJAXAは「データのねつ造などには関わっていないが、管理監督責任がある」として、今後、適切な処分を行う方針です。 古川宇宙飛行士は2023年ごろにISSに2回目の長期滞在をすることが決まっていますが、JAXAは「研究者の資質と宇宙飛行士の資質は別」として、変更は無いとの考えを示しています。 ▼TBS NEWS DIG 公式サイト 🤍 ▼チャンネル登録をお願いします! 🤍 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 🤍 ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 🤍

イプシロンロケット6号機、打ち上げ失敗 JAXAが「指令破壊」

24343
362
47
00:00:52
12.10.2022

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日午前、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた固体燃料ロケット「イプシロン」6号機に、「指令破壊」の信号を送ったと発表した。正常な飛行ができなくなったため。打ち上げは失敗した。 #イプシロン #JAXA #ロケット

JAXA新入職員がVlogを撮ってみた!Part1(角田宇宙センター 事務系職員)

6812
157
6
00:03:00
04.03.2022

JAXAで働く新入職員の1日を、Vlog形式でご紹介します! 今回は文系出身の事務系職員です。 【新卒/既卒採用広報】 JAXAの若手職員(1年目~4年目)が、SNSを活用して採用に関することから職員の日常まで、皆様が“JAXAで働く”ということを身近に感じられるような情報を発信していきます。 ぜひ、ツイッターやインスタグラムもご覧ください! 《Twitter》  🤍 《Instagram》  🤍 《新卒・既卒採用サイト》  🤍 【事務系職員】 JAXAは文系・理系問わず、幅広い分野の職員が働いています! 総じて“事務系”と表現していますが、その仕事の内容は多岐に渡ります。基本的なオフィスワークにとどまらず、組織運営・研究開発・プロジェクトを進めるために必要な調整や手続きを行い、制度の構築を担います。 ひとつの専門に留まらず幅広い分野で活躍し、JAXAの経営を担う立場や、ある分野の専門家となっていきます。 【角田宇宙センター】 宮城県南部に位置する、ロケットエンジン等、宇宙と地上を行き来するための技術開発拠点です。 総敷地面積は約170万㎡と広く、1年を通して四季を楽しむことができます。 (敷地内には動物もたくさんいて、建物の中に入ってきてしまうこともあるんです!) 角田宇宙センターは上空から見ると、不思議な地形をしています。 60年前のこの場所は日本海軍の火薬廠で、当時の地形を利用して万が一の事故に備えています。 そんな歴史ある土地で行われる研究開発はとてもダイナミックです。 宇宙開発展示室もあり、どなたでも予約の上見学ができますので、ぜひお越しください! 最後までご覧いただきありがとうございました! #JAXA #採用 #新入職員 #Vlog #ロケット #ロケットエンジン #東北 #宮城

【速報】古川飛行士の研究で不正 JAXAが会見で謝罪

1213
1
00:00:39
25.11.2022

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、古川聡飛行士(58)が総括責任者を務める国際宇宙ステーション(ISS)での生活を模した実験で、不正行為があったと発表した。

【宇宙飛行士】研究データを“ねつ造” “改ざん”や“計算ミス”も… 「業務が多忙」で?

17757
63
71
00:03:29
25.11.2022

現役の宇宙飛行士である古川聡さんらのグループが行った医学研究で、研究データの“ねつ造”や“改ざん”があったことが明らかになりました。     ◇ 25日午後2時すぎ、JAXA(=宇宙航空研究開発機構)が緊急の会見を開きました。 JAXA 有人宇宙技術部門長・佐々木宏氏 「関係者の皆様に対して、ここで深くおわび致したいと思います。すみませんでした」 発表したのは、研究データの“ねつ造”や“改ざん”ともとれる内容でした。その研究の実施責任者を務めていたのが、2011年に宇宙へ行った古川聡飛行士だったのです。 古川聡宇宙飛行士(2020年) 「若い飛行士にも伝えて、チームをつくっていけたらと。新しいことをたくさん学んで、自分としては、心は30代のつもりで挑戦したい」 古川飛行士は、2023年にISS(=国際宇宙ステーション)に長期滞在し、2回目の宇宙滞在となる予定でした。その古川飛行士が実施責任者を務める研究で、今回の騒動が起きました。 JAXA 有人宇宙技術部門長・佐々木宏氏 「研究者一般、または社会の感覚からすると、ねつ造というべき行為ではないかというふうに我々は判断しました」 古川飛行士のチームが行ったのは、ストレスの蓄積に関する研究です。宇宙環境に見立てた狭い空間に、長期間にわたり大人8人を住まわせるというものです。 研究データの中には、対象者8人を個別に3人の研究者が面談し、精神心理状態を評価した内容が含まれていました。しかし、実際に面談したのは、研究者3人ではなく2人だったといいます。つまり、“ねつ造”が行われていたというのです。 他にも、研究データを鉛筆で記入し書き換えが行われたり、集計作業での計算ミスなど、多くの問題点があったといいます。 なぜ、研究の“ねつ造”が行われたのでしょうか。 JAXA 有人宇宙技術部門長・佐々木宏氏 「動機に関してはヒアリングした結果、我々としては判断つかないので差し控えますが、基本的には非常に業務が多忙で進めていたというのは我々認識していますし、(ねつ造した)本人もそう言っています。我々として反省すべきところは、研究チームは非常に少なくて、かなり仕事が忙しかったんだろうと」 そして、来年に宇宙に行く予定の古川飛行士の処分について、今後、適切に対応するとしたものの、来年の宇宙滞在の予定に変更はないとしました。 JAXA 有人宇宙技術部門長・佐々木宏氏 「実施責任者としての管理・監督責任があるというところで、責任があると考えています。今回の研究責任者の資質と宇宙飛行士の資質は異なると思っていますので、今のところは(来年の予定変更は)考えていません」 JAXAによると、古川飛行士は「指導が足りなかった」と反省しているということです。 (2022年11月25日放送「news every.」より) #JAXA #宇宙飛行士 #古川聡宇宙飛行士 #日テレ #newsevery #ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Facebook 🤍 Instagram 🤍 TikTok 🤍 Twitter 🤍 ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP 🤍

[サイエンスZERO] 宇宙科学研究所(JAXA)に大潜入!「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星“リュウグウの砂”が目の前に!| NHK

6253
77
00:09:02
23.07.2022

サイエンスの最前線×情熱×どこよりもわかりやすく! 「サイエンスZERO」放送後1週間は見逃し配信中 🤍 JAXA 宇宙科学研究所を井上咲楽さんとともに探検!小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウグウの“砂”は、46億年前太陽系初期の頃の状況をとどめる、いわば人類の「宝物」。そのサンプルのキュレーション現場に潜入すると、緊張感あふれるその分析の最前線を目撃。サンプルから生命活動に欠かせない有機物「アミノ酸」が見つかったという偉業を支える舞台裏と、研究者たちの努力と情熱に大興奮! ★全部見たい場合は>>【NHKオンデマンド】 放送後、1年間は配信中!(会員登録が必要です) 🤍 【出演者】 井上咲良(MC)、浅井理(MC・アナウンサー) 【放送情報】 NHK Eテレ 毎週(日)夜 11:30~/[再放送]毎週 (土)午前 11:10~ サイエンスZERO 🤍 これまでに放送した番組から特に好評だった回の内容を記事で紹介 🤍 制作者の裏話やショートサイエンスコンテンツは公式Twitterに! 🤍 ~“科学する心”を伝えたい~ 最新科学をどこよりもわかりやすく!宇宙、AI、自然、ロボット、進化、深海、地学、災害…ノーベル賞も毎年お届け。 映像提供:JAXA

JAXA Activity Report in April 2020 - September 2020

6391
136
10
00:08:39
16.04.2021

This video introduces JAXA's activities from April 2010 to September 2020. With the coronavirus pandemic posing an ongoing threat to humanity, science and technology around the globe is being marshaled to overcome this historic crisis. It is precisely at such difficult times as these that the aerospace industry seeks to embody the hope that opens the way to the future. Keep your eyes on JAXA’s upcoming efforts. - KOUNOTORI9: mission accomplished - Data utilization of Earth observation satellites - H3 Launch Vehicle in development - Hayabusa2 heading back to Earth at last - RAPIS-1 achieves full success on all demonstrations and terminates operation - Aeronautical science and technology R&D - “THINK SPACE LIFE” platform launched - SOLISS successfully establishes bidirectional laser communication between space and Earth - 8K camera to be installed on the Martian Moons eXploration (MMX) spacecraft

変形型月面探査ロボット「SORA-Q」公開 タカラトミー、JAXAなどが開発(2022年6月17日)

7888
123
39
00:01:21
16.06.2022

 月に着陸してから形を変える探査ロボットが初めて一般公開されました。  タカラトミーやJAXAなどが開発した「SORA-Q」は直径8センチ、重さはおよそ250グラムの超小型の変形型月面ロボットです。  月面に着陸した後、瞬時に変形して自力で走行ができるようになります。  さらに、前後にカメラが搭載されていて、撮影した画像を地球に送信します。  ロボットの変形や走行にはタカラトミーのおもちゃ「ZOIDS」シリーズや「トランスフォーマー」のノウハウが生かされています。  タカラトミー・阿部芳和さん:「これからの子どもたちにとってみると宇宙っていうのは本当に身近な存在になってきますし、夢が現実になってくると思っています」  開発者らは「SORA-Q」を通して子どもたちがこれまで以上に自然科学に興味を持ち、宇宙の面白さを知ってほしいとしています。  今年度中にJAXAの小型月着陸実証機「SLIM」に搭載され、月に向かうということです。 [テレ朝news] 🤍

JAXA退職の野口聡一が語る、重力が戻る瞬間 #shorts

4376088
60413
1030
00:00:45
28.06.2022

WEEKLY OCHIAI:野口聡一の宇宙メモワール 番組のフル視聴はこちらから 🤍 YouTubeでの視聴はこちらから 🤍 #野口聡一 #宇宙飛行士 #宇宙

古川飛行士の研究で不正 捏造や改ざん相当行為、JAXA

21709
67
00:01:59
25.11.2022

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、古川聡飛行士(58)が総括責任者を務める国際宇宙ステーション(ISS)での生活を模した実験で、不正行為があったと発表した。存在しないデータが作成されたり、多くのデータが書き換えられたりしたことが確認され、捏造や改ざんというべき行為だと判断した。

Назад
Что ищут прямо сейчас на
JAXA 마마 어워즈 発祥 마피 至宝 内覧 глент челлендж 下單 A4 红蝶 充电 ناصرHD ناصراتشدي liu bei FC游戏 Criminal 도진 착함 глент играет ГЛЕНТ